株式会社ダイナテック

  1. Home>
  2. 製品情報>
  3. エアスプリングについて

Oria エアスプリングについて

Air spring

ORIAのエアスプリングは ナイロン地で強化された柔軟なエラストマラバーのボディとエア吸入口を備えた防錆加工済のプレートで構成されています。振動アイソレーター(防振装置)・アクチュエーターどちらにも使用可能です。 アイソレーターとしては機械と金属部分にダメージを与える不要な振動を99%以上カット、同時にノイズを軽減します。アクチュエーターとしては従来のエアシリンダ・油圧シリンダーに代わるものとして開発されてきました。そのデザインにより、ベローの中のエアーは素早いアンカリング動作を生み出します。

エアスプリングの動作イメージ

エアスプリングの特長

ORIAのエアスプリングには2種類の機能があります。

  1. 空気圧シリンダまたは油圧シリンダの代替。ゴム空気ベローズ内の空気圧は、昇降ストロークを生じさせる軸方向の力を生成し、押して、張力を与え、旋回させ、固定動作を速め、エアスプリング(空気圧式アクチュエータ)を従来のシリンダに代用することができます。
  2. 固有振動数が低いため、スプリング、ゴム製の金属エレメント、その他のダンピングシステムを代用することができます。ゴム製空気圧アクチュエータは、振動の大部分を隔離することができます。
エアスプリングの特長

ORIAのエアスプリングは、ベローと金属板との間を完全に密着固定し、気密性を高めております。ベローズは、様々なゴム層と補強布層からなっており、モデルに応じてこれらのエアベローズは、ビードプレートまたはビードリングとは異なるエンドクロージャに変更することができます。 金属板の素材もご希望に合わせたものに変更が可能です。またベローズのゴム素材もご希望に合わせた素材を選択することができます。

利点

・低いコスト
・広いサイズの範囲: 140〜950mmの測定  1,6から445 KNの力
・メンテナンスや潤滑が不要で、長寿命。
・摩擦フリー
・最大30°の角度機能
・コンパクトな出発高さ
・効果的なノイズリダクション

材料

標準ゴム
これは、エアスプリング業界で最も広く使用されている材料です。Oriaはこの材料で100以上のモデルを製造しています。 最低温度= -40℃。最高温度= + 70℃。

その他の化合物

特殊用途のエアスプリングも製造しています。当社の全製品ラインの約95%は、次の材料で製造することができます。

ブチル(IIR):オゾンや太陽光の耐久性のために業界で広く使用されている材料。

最低温度= -25℃。最高温度= + 90℃。

ニトリル(NBR):炭化水素油や燃料、オゾンや悪天候に優れているため、屋外など幅広く使用されている材料。

最低温度= -25℃。最高温度= + 110℃。

EPDM:高温に対する優れた耐性の材料。

最低温度= -20℃。最高温度= + 115℃。

クロロプレン(CR):海水に対する優れた耐性と酸に対する中程度の耐性を持つ物質。

最低温度= -20℃。最高温度= + 110℃。

ステンレス鋼

ORIAエアスプリングには、耐食性を向上させる目的で、ステンレス製のクロージャーとビードリングを付けることができます。最も一般的に使用される材料は、AISI 304(DIN 1.4301)およびAISI 316(DIN 1.4401)です。

エアスプリングの事例

応用事例

・鋳物工場の成形機
・金属製スプリングからのリプレイスメント
・工業用サスペンション機器
・テキスタイルマシン
・製紙工場機器
・プレス、鍛造
・機械、重量機器の抗振動装置
・リフトテーブル

▲ PAGE TOP